読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けたるっちの自転車奮闘ブログ

トレーニングとレースとリハビリの記録。

チーム忘年会〜新兵器投入

ジストニア ペダリング リハビリ クラブラン

昨日はチーム(なるツル)の忘年会。

結局この1年間は何度か顔を出しただけでまともに練習に参加することは全く出来なかったけど、飲み会となれば自然と自転車談義に話が咲く。

乗れてない状況とか忘れて純粋に楽しかったな。

やっぱりこの仲間は最高だ。

来年は短時間でいいから出来る範囲で参加できるようになれば良いな。

まずはそこを目標にリハビリ頑張ろう。

f:id:ketaruchi:20161223211952j:plain

 

で、飲み会の場でK島さんから耳寄りな情報を聞いた。

昨年、K島さんは落車で頚椎を損傷するという大変な怪我を負ったが、驚くべき回復力で練習どころかレースにも復帰して以前を上回るほどの活躍をしている。

自分と同じように不随意運動や筋緊張で苦しんでいるそうなのだが、あるアイテムによって症状を大幅に改善できたそうだ。

そのアイテムとは置き鍼。

置き鍼とは直径1cmくらいの丸いパッチに1mm前後のごく短い鍼が付いているもの。

それを不随意運動や筋緊張を起こす箇所に貼ることにより、筋収縮を抑制する効果があるそうだ。

これを試さない手はないということで、早速薬局で買ってきた。

f:id:ketaruchi:20161223213458j:plain

 

これを腓腹筋と大腿直筋の下の方、縫工筋の真ん中辺りに貼り、リボトリールの効き目が最大になる時間を狙ってローラーを回してみた。

始めてみると、確かにいつもより脱力しやすい。

数分すると現れる大腿四頭筋の突っ張り感もいつもほど感じない。

これは良いかも。

 

Zwift - London 34:33 NP 151w
BOX HILL 8:56 210w

 

BOX HILLのタイムは前回より2秒短縮で出力は3Wアップ。

僅かだが、効果が数値にも表れた。

貼る位置にはまだまだ工夫の余地あり。

鍼の長さを長くすることもできるし、やりようによってはもっと高い効果を得ることも出来そうだ。

今日試した感じでは、下腿三頭筋に関しては腓腹筋よりもヒラメ筋に問題がありそう。

大腿直筋に関しては、膝近くよりも太ももの真ん中あたりを刺激した方が良さそう。

その辺りを考慮して、明日また試してみるつもり。