読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けたるっちの自転車奮闘ブログ

トレーニングとレースとリハビリの記録。

3連休は都民の森三昧!(後半)

9月15日月曜日

一昨日に引き続き、都民の森へ。

集合場所の戸倉7-11に到着すると、前日の「ポタやります」ツイートが功を奏したのか想像以上の大人数が集結してたw
メンバーはいつものツルメン4人とAランをメインにしているメンバー5人の計9名
ここのところのなるツル練は4〜5人の事が多かったので、久々の盛況にテンションあがりました。

それにしてもみんなハイペロンとかZIPPとかやる気満々。
ポタのはずだが…(笑)

ゆるゆるとリアルポタリングペースで出発し、役場の信号を曲がったらL4強度へ突入。
ここまではいつものツル練と同じだが、今日は血気盛んな輩が混じってるのでこの平穏がいつまで続くかな?

なんて考えていると早速来ました。
自分が先頭から下がったタイミングでスヴさんのファーストアタック。
ナイケンさんもすぐさま反応。
シバゾーさんもブリッジをかけようかという雰囲気。
後方には怪我から復帰したばかりのtorayaさん、3連チャンで疲労困憊の1〜さん。
この動きに2〜3人追従すると集団崩壊する可能性は高そうだ。

さすがに始まったばかりだし、上川乗までは脱落者を出したくないので後方から先頭に戻りフタをする。
ここは一旦落ち着くが、この後も幾度となく波状攻撃的なアタックが繰り返された。
自分はそのたびに崩壊しないようなペースをつくるべく前方へ。
K島さんも積極的に集団をコントロール。
強烈なインターバルがかかる訳ではないが、これを繰り返すのは地味に脚に来るね。
一昨日の疲れも抜けきっていないし、最後まで脚がもつかどうか…

上川乗を過ぎたところで再びナイケン&スヴさんコンビが飛び出す。
ここはFTP強のペースで対応。
ほどなくして吸収。
自分から白トンボさんに先頭が代わり、ペースを維持したままピークに達したところでまたもや工事ストップ。

おうふ、、ここで40秒ちょいロス。
今日もタイムを狙うのは難しそうだ。。

再スタートが切られてからは、徐々に守りから責めの走りへシフト。
相変わらずナイケンさんは切れの良いアタックを決めるが、大きな差がつく事はなくなってきた。
シバゾーさんも安定したペダリングで調子が良さそう。

9%前後の登りが続く区間がくると、これまであまり前に出てこなかったシローさんが引き始める。
ここはセレクションがかかるポイント。
かなりキツいが、クリアすれば数馬までは比較的緩いので離れるわけにはいかない。
シローさんに代わって今度は自分が5倍強で引く。
ケイデンスは変えずにギアを1枚重くしてぐいぐいと踏む。
この登りで先頭はナイケンさん、シバゾーさん、K島さん、自分の4名に絞られた。

協調体制を保ちながら緩斜面を進み、いよいよ数馬の登りに突入。
先ずナイケンさんが行き、K島さんが続く。
自分はシバゾーさんマークで最後尾に下がる。
この先休めるポイントはないので、レッドゾーンを超えないギリギリの強度を維持。
ここまで良い走りをしていたK島さんがここで脱落。
脚を使いすぎてしまったかな。
でも積極的に集団を牽引する走りは素晴らしかったです。

自分は残ったものの、一昨日とは打って変わって余裕がない。
必死に耐えるが、旧料金所のあたりでついに脚が終了。
シバゾーさんとの差がジワジワと広がる。
同時に後方のナイケンさんの気配も徐々に遠ざかっていく。
こうなったらマイペースでいくしかない。
気持ちが折れないよう、シバゾーさんを視界に捕らえながら。

 

50:55(工事STOP含む)

 

料金所からゴールまでのタイムは一昨日より32秒遅かった。
シバゾーさんとのタイム差もちょうどそのくらい。

回復力で劣るのは年齢的に仕方が無いとして、走り方にはまだまだ課題が多く見つかった。
この日はケツ筋の動員が少なかった気がする。
気持ちが前のめりになってる時でも、筋肉を上手く使い分けて疲労を分散出来るようにならねば。

f:id:ketaruchi:20140916223925j:plain


都民の森にて談笑。

Aランに参加するようになったメンバーとは一緒に走る機会が減ってしまったけど、やっぱりこのメンツで走るのは楽しい〜!

またやりたいな。

みなさん、ありがとうございました!