読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けたるっちの自転車奮闘ブログ

トレーニングとレースとリハビリの記録。

アーテン錠の効果

リハビリ ジストニア

アーテン錠を飲み始めて今日で4日目。

果たして期待している効果があるのか、ローラーで試してみた。

アーテン錠の血中濃度は服用後1.3時間前後で最高になるらしいので、朝食後の服用から1時間経過したところでスタート。

10分ゆっくり軽く回してから、症状が出ないギリギリの強度で5分間集中して回すを5本。

5分 45rpm 97w
5分 48rpm 101w
5分 50rpm 116w
5分 50rpm 143w
5分 57rpm 107w

アーテン錠の服用を始める前に比べて数値は確かに良くなった。

感覚的には9時前後の位置で起こる右下腿三頭筋の収縮が起きにくくなったように感じた。

一方、大腿四頭筋の異常収縮が発生する閾値大腿四頭筋が伸張する速度x量)についてはあまり変化を感じられなかった。

ちょっと気を抜いて前脛骨筋が緩んでつま先が下がると、上死点手前で足首が前方に蹴り出されるようにして踵が跳ね上がる。

前脛骨筋を緊張させるタイミングを少し遅らせられるようになった事で以前より楽に回せるようになり、この結果につながったように思う。

もしかしたら下腿三頭筋の収縮は不随意運動で大腿四頭筋は相動性伸張反射なのかな??

 

アーテン錠の半減期は6時間程度との事なので、午前と同じメニューを夕飯前に2本。

5分 52rpm 102w
5分 48rpm 124w

効果が半減した故の結果か、数値的にも感覚的にも午前ほどではなかった。

 

とにかく、今日の結果だけを見れば一定の効果はありそう。

しかしこの程度では復帰には程遠い事には変わりない。

やはり基本は地道なリハビリで、薬はそれを助けるものと言う事か…